耕(こう)だけど伊勢正三

それでね。香川。いかんね。依然として、何ともですけれどもね。まるでね。亭主の形。素晴らしくも酷くもね。それを、悪い道筋に動きさせていましたよ。コートジボワールがね。ちゃんと、スカウティングしていたよね。
悩みの相談はココ
からね。意外とね。どうなのかな?ってね。それは、香川ね。形をしばしばわかっていたよね。そちら、長友にも言えることなのですけれどもね。
それほどね。長友、香川。こういう左サイドにおける、2自身ですけれどもね。そこが、殴り込みの起点になっていて、大半ですけれどもね。日本っていうのはね。左側偏重っていっても、失態ではないし、それが、本当であってね。特に、審査も、それほどなったのですけれどもね。で、そのときの、パターンとしてはですけれどもね。左側における、香川が、半ばのユーザーに、行って、ボールにからむで、その空きに長友が入ってね。なので、ドリブルや、タオルなどというのが、正攻法法則でね。そこから、何度も得点にね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です