寧々で藤山

またテーマが変わってね。この時期の注目っていうのはね。それは選手の契約更改ですよね。
次いで、ヤクルトも契約更改も始まってはいるのよね。今年はヤクルトは歴史的な負けかたを通じてしまったから、給与排除の選手が多発しても仕方ないし、わからないのでしょうけれども、今年の給与総額がソフトバンク、巨星、阪神の次の4番目という結果、A講話に入らないといけないわけでね。そうなってしまうとね。ちょっとね。
今年は複数年契約をしているような選手。畠山や川端が依然として活躍していないということがね。大問題でね。
山田もステップが良くはないのですが、でも全争い出席しているのでね。そのあたりは頑としてクラブとしてはきちんと貢献をね。してはいらっしゃるけれどもね。
優勝するときっていうのは、メイン選手がけがせずに全身全霊というのがね。デカイことですよね。ある意味優勝したことっていうのは、レアなご時世なのかな?という仕打ち?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です